JASRACってそんなに悪いの?

最近よく「JASRACは悪い」「自分の作品なのに自由に使えないのはおかしい」「ぼったくりだ」などの意見を聞くんですよね。
でもね、本当にJASRACは悪いのかな? って思うんですよ。

私はJASRACの信託会員です。
申請時に1万円ほど払いましたが、その後は1円も払わずに印税を分配してもらっています。
曲、特にメジャーの曲がどのように使われるのかを作家が個人で把握するのは不可能に近いです。
それを代わりに管理してくれるのがJASRACなんですよね。
私のような作家には、JASRACの存在は非常にありがたいです。

他には、
「自分の作品なのに自由に使えないのはおかしい」
っていう意見もあります。

でもメジャーの曲の場合、一般的にJASRACに登録する前に音楽出版社と契約した時点で著作権を譲渡しているので、作家が自由に使うことは出来ません。
だけど、JASRACに使用料を払えば、全額ではないにせよ作家に戻ってきます。
曲の管理をしてもらっているので、管理費として使用料を払うのは不当とは思えません。

ただ、分配率については不透明な部分も多く、批判の対象になっても仕方ないかもしれません。これはJASRACが実質独占的な組織だからです。

最近ではavexがJASRACから楽曲を引き上げて独自で管理していたり、他にも管理組織がないわけではありませんが、日本で一番占有率が高いのは事実です。

http://avexmusicpublishing.com/ja/music-management

NexTonewww.nex-tone.co.jp

私が思うに、文句を言っている人の大多数は音楽業界を知らない人みたいですよね。

音楽は歌う人や演奏する人だけじゃなく、作る人や管理する人たちがいて成り立っているものもあるので、もし音楽が好きで音楽を守りたいっていう気持ちからの発言だとしたら、もう少し冷静になって色々調べて欲しいな、と思います。

作詞なんて誰でも出来ると思うなよっ

こんにちは、作詞家のMikeyです。

歌詞ってだいたい日本語じゃないですか。
日本語って、日本人ならたいてい話せるじゃないですか。
だからなのかなんなのか…

「作詞なんて誰にでも出来る」

って思われがちなんですよね。

正直に言うと…

作詞は誰にでも出来ます!

なんだよやっぱりそうじゃねぇか、と思ったあなた。
じゃあ、作詞しちゃいましょうよ。
Youも作詞家になっちゃいなよ!
実際にやってみると楽しいと思います。

でも、ですね…
お分かりだとは思いますが、これは一般レベルの話です。

例えばアイススケート。
これって、誰でも出来ますよね。

でも、じゃあ誰でも羽生くんになれるのかって言ったら…

なれますか?

なれないですよね?

同じように、作詞は誰にでも出来るけど、作詞家は誰にでもなれるわけではありません。

裾野は広い。でも頂上は果てしなく高い。

これが作詞の面白いところです。

Youもサクッと作詞してみちゃいなYo!

誰でも最初は初心者

オトメシ!
〜音楽で美味しいご飯が食べたいあなたのための情報サイト〜

にようこそ!

こんにちは、作詞家のMikeyです。
初めてのことをするのって緊張しませんか?
私はものすごく緊張します(><)

私の周りのミュージシャンやクリエイターの中でもなかなか新しい一歩を踏み出せない人がたくさんいます。

気持ちはとても分かります。私も同じですから。

でも……でもやっぱり、勇気を持って一歩踏み出さないと何も始まらないんです。残念ながら。

友人の中にも、とても素晴らしい才能を持っているのになかなか外に出ていくことが出来ない人がいます。
「やればいいのに」
「大丈夫」
と周りが言っても、本人が覚悟を決めない限りは進めないですね。でも、ほんのちょっとの勇気を持って頑張って欲しいです!

私は(作詞については)一歩踏み出しました。
私の一歩は作家事務所のオーディションです。
何社か応募して、最初にお返事くださったところに今でもお世話になっています。

人見知りで小心者の私がなぜオーディションに挑戦出来たのか……それは、書類を出すだけだったからです(^^;)

オーディションは各事務所で随時行われているので、チェックしてみてください。

オーディション情報を知らないという方が割と多いのですが、Musicman-netなどで調べると色々な事務所があることが分かります。

他には、好きな作家さんが所属している事務所を検索したり、作家を育成するためのスクールをやっているところを探すと見つかると思います。

『悪い事務所に当たったらどうしよう』という不安もあると思いますが、所属している人に聞く機会はなかなかないですよね。

そういうとき、ひとつの判断基準になるのが『お金を要求されるかされないか』ですね。

スクールは別ですが、作家事務所に所属する際に普通は所属料というようなものは取られません。例えば、アルバイトをするのに、職場にお金を払う必要はないですよね?

もし万が一、事務所に所属する時点でお金が必要だと言われたら、他にも事務所はたくさんあるので、別のところを探してみた方が良いと思います。

幸いにも私はそのような経験がないのですが、ネットの噂で見かけることがあるので……

どの事務所が良いかどうかは人それぞれです。
私自身は事務所を経営しているわけではないので、ご紹介することは出来ません。ご自分で色々探してみてくださいね。

もっと色々知りたい! という方はお問い合わせくださいね。
(直接はお答え出来ませんが、参考にさせていただきblogなどでお答えします)

1万時間の法則って知ってますか?

オトメシ!
〜音楽で美味しいご飯が食べたいあなたのための情報サイト〜

にようこそ!

 

こんにちは、作詞家のMikeyです。
前回の記事で「本気で3年頑張ればプロレベルに達することは出来る」と書きました。

実際に私は、プロになろうと決めてから3年で作詞家になれましたし、小説家にもなれました。なぜ3年でプロになれるのか、最初は自分でもよく分かりませんでしたが、みなさんはすでにご存知かもしれません。

マルコム・グラッドウェルという人が紹介している「1万時間の法則」というのが、毎日9時間×3年間にちょうど匹敵するんです。

この本に詳しく書いてあります。

3年もコツコツ頑張れば、コツをつかんだり自信を持ったりすることが出来ると思います。
時間をかけて続けることが才能なのかもしれないですね。

ちなみに……
プロの定義というのは人それぞれ違うと思いますが、ひとまずここでは「仕事としてお金をいただいている」ことを指しています。無料で作品を発表することと、たとえ1円でも作品にお金をいただくことには雲泥の差があります。

プロになりたい人は、まず1円の壁を破れるように頑張ってみてくださいね!

もっと色々知りたい! という方はお問い合わせくださいね。
(直接はお答え出来ませんが、参考にさせていただきblogなどでお答えします)

 

 

あなたには運がありますか?

オトメシ!
〜音楽で美味しいご飯が食べたいあなたのための情報サイト〜

にようこそ!

こんにちは、作詞家のMikeyです。
突然ですが、あなたは自分が幸運だと思ったことがありますか?

つい先日まで行われていた冬季オリンピックは日本人選手が活躍していましたね。
競技を見ていて、1位と2位の差は運命的だと思う場面がたくさんありました。

クリエイターやその他の職業でも、運に左右されることはあると思います。

誤解をしないで欲しいのは、プロになれるかどうかは努力で決まります。
どんな仕事でも(条件などによって不可能な場合もありますが)、本気で3年頑張ればプロレベルに達することは出来るでしょう。

プロになってからも、続けていくことは険しい道のりです。
ましてや、大きな仕事に関わることが出来るかどうかや評価されるかどうかの部分では、運命としか思えないときがあります。

私が作詞家になれたのは、運ではなく実力です。
ですが、コンペ全盛のこの時代では有名な作家でも指名の仕事は少ないので、運に左右されることがあるのです。
現場はいつも新しい才能を求めていますから。

だからこそみんなにチャンスがある。
諦めたらそこで終わり。
辛くても続けていれば、大きなことが出来る可能性がある。

そして、続けていくためには決意が必要だ、と私は思います。

絶対に自分の作品を大勢の人に届ける、という強い気持ちがなければ、続けることは難しいです。
決意は作品にも現れます。人は見えないものを感じる力を持っているからです。

つい最近も、あるご縁をいただきました。
作品を世に出すことが出来るかどうかは運次第だと思っています。

もっと色々知りたい! という方はお問い合わせくださいね。
(直接はお答え出来ませんが、参考にさせていただきblogなどでお答えします)

5W1Hだけじゃ足りない!

オトメシ!
〜音楽で美味しいご飯が食べたいあなたのための情報サイト〜

にようこそ!

 

こんにちは、作詞家のMikeyです。
作詞講座3回目の今回は「5W1H」の他にあとひとつ必要なものについてご紹介します。

まず「5W1H」についてはご存知だと思いますが改めて書いてみますね。

Who = 誰が
When = いつ
Where = どこで
What = 何を(した)
Why = なぜ
How = どうやって

「誰がいつどこで何をどうやってしたのか。なぜそれをしたのか」という、文章作成の基本ですね。

作詞もこの「5W1H」を使って書いていきます。

でも、あとひとつ足りないものがあるのです。

それは…

答えはEです。

E = Emotion = 心を揺さぶるような強い感情

これが歌詞には必要なのです。

これってものすごく重要なことです。
一言ではとても説明出来ないし、もしかしたら秘密にしておきたい作家さんもいるかもしれない。

Emotionについては色々書きたいことがあるので、またいずれご紹介したいと思います。

もっと色々知りたい! という方はお問い合わせくださいね。
(直接はお答え出来ませんが、参考にさせていただきblogなどでお答えします)

裸で叫んだって誰も見向きもしない!

〜音楽で美味しいご飯が食べたいあなたのための情報サイト〜

にようこそ!

こんにちは、、作詞家のMikeyです。
今回は、ある人の言葉をご紹介します。

かなり前の話なのですが、WEB経由である人と知り合いました。その人となぜ知り合いになったのかも覚えていないくらい前のことだけど、その人の言葉だけは今でも覚えています。

「大通りで裸で叫んだって誰も聞いていないんだから、もっと自分の好きなようにした方がいい」

 

そうですね……いや、裸だったら流石に通報されるんじゃないかな、とは思うんですけど、もっと自由に好きなようにやればいい、って言うのは、本当に私もそう思うんですよね。

だから、好きなことをやってみましょう♪
今は裸で大通りに立たなくてもたくさんのblogサイトがあるし、YouTubeやニコニコ動画のような動画サイトだってある。Twitterだっていいんです。

まずは発信してみましょう。
匿名だって構いません。
※匿名だから何を発言しても良いわけではありませんよ。また、匿名といっても個人が特定されないわけではありません。気をつけてくださいね。

 

ある人の言葉では、正直なところ私は変わることが出来ませんでした。でも、言いたいことは分かります。
ある意味では、私も背中を押していただき、今も感謝しています。

だから、私もここで誰かの背中を押すお手伝いが出来たらいいな、と思っています。
今は、自分も模索中なので「ついてこい!」みたいなことは言えないけど、一緒に何か出来たらいいな。

もっと色々知りたい! という方はお問い合わせくださいね。
(直接はお答え出来ませんが、参考にさせていただきblogなどでお答えします)

初心者は手でいっぱいして

オトメシ!
〜音楽で美味しいご飯が食べたいあなたのための情報サイト〜

にようこそ!


こんにちは、作詞家のMikeyです。
作詞講座の第2回目は…「手を使って歌詞を書こう」です!

慣れてきたらPCやスマホでも、得意なやり方で良いと思います。
でも最初は紙と鉛筆(またはペン)を使って、手で書いてみましょう。
第1回目で書いたように「消しゴムは使わずに」です。

なぜ手で書くのが良いのか。

ワープロなどで書いた歌詞は読みやすく文字列も整っているので、それだけで「きちんと歌詞が書けている」ように感じてしまうのです。

最初の状態から完璧な歌詞はほとんどありません。

自分の字で、時には汚く雑に書かれているのを見て「まだ完成ではない。もっと良い歌詞になる」と感じましょう。

あるいは、文字の勢いを見て「ここはもっと力強い言葉に変えよう」と感じるかもしれません。

直して直して真っ黒になった歌詞を、まっさらな紙(またはノート)に清書して、もう一度、出来れば声に出して読んでみましょう。メロディがあるなら、是非歌ってみてください。

そして改めて推敲に戻りましょう。

真っ黒になった紙は「消しゴムを使わない」のと同様に、捨ててしまわないようにしましょう。最初のうちはノートに書くと良いかもしれないですね。一枚の紙だと無くしてしまいやすいので。

真っ黒なノートは恥ずかしくて人に見せられないと思うかもしれません。でも、見せなくても良いのです。捨てずに取っておいて、あとから読み返すと、自分の心の変化や成長に気づくはずです。

もっと色々知りたい! という方はお問い合わせくださいね。
(直接はお答え出来ませんが、参考にさせていただきblogなどでお答えします)

夢を叶える方法1

オトメシ!
〜音楽で美味しいご飯が食べたいあなたのための情報サイト〜

にようこそ!

こんにちは、作詞家のMikeyです。

私は夢を叶えるために神社にお参りしたり開運グッズを用意したり、引き寄せという言葉を使ったりするのが好きではありません。
神社へのお参りもここ数年行ってませんし、以前から、神社に行くことがあってもお参りでお願いをすることはありませんでした。

それでも、ここぞという願いは叶えてきました。
なので『願いを叶える方法は神様にお願いする以外の方法がある』と思っていました。

でも、気づいたんです。
願いを叶えるために神社にお参りする人と、私が願いを叶えてきた方法が同じだということに。

それは……

『どれだけ強く願うか』

なんです。

入り口がどうであろうと『自分の願いが叶うと信じて強く願う』ことが願いを叶える方法だと思います。
自分を信じるためのやり方を伝える『言葉』が違うだけです。
もっと言うと、住んでいる星が違う感じです。

だから、自分が納得出来ないやり方はいくら真似をしても願いは叶わないと思います。
神社で神様にお願いをするのが好きではないのに、お願いしたって叶うはずがないのです。
だって『こんなことしても無駄』って自分で決めつけているんだから。
そのことに気づいてから、少し気が楽になりました。

また『お金が理由で成功したいと思うのは間違っている』という考え方も間違っていると思います。
日本では『お金は汚いもの』と捉えられてしまっているので仕方のない部分もありますが、お金は別に綺麗でも汚くもないのです。お金は感謝の気持ちだったり信頼の証だったりします。

逆に心から信じられるなら、例えば『朝逆立ちをすると絶対願いが叶う』みたいな適当なことでも効果が得られると思います。
イワシの頭も信心からってヤツですね。
世の中にはいろいろな開運の方法が溢れているので、自分が納得出来る方法を探してみてはどうでしょうか。
ただし、他人に迷惑をかけるような願いは、たとえ叶ったとしても後からしっぺ返しがくると思いますよ。

私の願いを叶える方法は、別の記事に書きますが『人に話す』というものです。
それ以外にも『心に決める』という方法もあります。
『やりたい』とか『やれたらいいな』ではなく『やる』と決めるのです。
あとは信じて本気で取り込むだけです。

 

もっと色々知りたい! という方はお問い合わせくださいね。
(直接はお答え出来ませんが、参考にさせていただきblogなどでお答えします)

消しゴムを捨てろ!

オトメシ!
〜音楽で美味しいご飯が食べたいあなたのための情報サイト〜

にようこそ!

こんにちは、作詞家のMikeyです。
私が作詞を教えるときに、まず最初に言うことがあります。

「消しゴムは使わないでください」

です。消しゴムを捨てろ、とは流石に言いませんが(笑)

では、なぜ消しゴムを使ってはいけないのでしょうか?

それは、あなたの言葉は大切なあなたの宝物だからです。
歌詞を書くとき、一度に完璧な作品を書くことは出来ません。何度も何度も推敲を重ねます。単語を入れ替え、前後を入れ替え、ノートはそのうち真っ黒になってしまうでしょう。

今までのあなたは、別の言葉を入れるときに消しゴムで消して上書きしていたかもしれません。ですが、出来上がった歌詞を一晩寝かせてもう一度見直したとき、直したところがやっぱりしっくりこない、ということはよくあります。そんなにないよと言う人は、まだ作品数が少ないのでしょう。

最初の言葉の方が良かった、ということは本当によくある話で、そのときに最初の言葉を消してしまっていたら、覚えて入ればいいですが忘れている場合(これもいくつも歌詞を書いているとよくあります)、思い出すために無駄な時間を費やしてしまいます。

また、たくさん言葉を書き直すことでボキャブラリーが増えていきます。
あなたの真っ黒になったノートは宝物です。真っ黒になったら新しいページに清書すればいいのです。
消しゴムは使わずに、是非たくさんの言葉を書き重ねてください。

もっと色々知りたい! という方はお問い合わせくださいね。
(直接はお答え出来ませんが、参考にさせていただきblogなどでお答えします)