JASRACってそんなに悪いの?

最近よく「JASRACは悪い」「自分の作品なのに自由に使えないのはおかしい」「ぼったくりだ」などの意見を聞くんですよね。
でもね、本当にJASRACは悪いのかな? って思うんですよ。

私はJASRACの信託会員です。
申請時に1万円ほど払いましたが、その後は1円も払わずに印税を分配してもらっています。
曲、特にメジャーの曲がどのように使われるのかを作家が個人で把握するのは不可能に近いです。
それを代わりに管理してくれるのがJASRACなんですよね。
私のような作家には、JASRACの存在は非常にありがたいです。

他には、
「自分の作品なのに自由に使えないのはおかしい」
っていう意見もあります。

でもメジャーの曲の場合、一般的にJASRACに登録する前に音楽出版社と契約した時点で著作権を譲渡しているので、作家が自由に使うことは出来ません。
だけど、JASRACに使用料を払えば、全額ではないにせよ作家に戻ってきます。
曲の管理をしてもらっているので、管理費として使用料を払うのは不当とは思えません。

ただ、分配率については不透明な部分も多く、批判の対象になっても仕方ないかもしれません。これはJASRACが実質独占的な組織だからです。

最近ではavexがJASRACから楽曲を引き上げて独自で管理していたり、他にも管理組織がないわけではありませんが、日本で一番占有率が高いのは事実です。

http://avexmusicpublishing.com/ja/music-management

NexTonewww.nex-tone.co.jp

私が思うに、文句を言っている人の大多数は音楽業界を知らない人みたいですよね。

音楽は歌う人や演奏する人だけじゃなく、作る人や管理する人たちがいて成り立っているものもあるので、もし音楽が好きで音楽を守りたいっていう気持ちからの発言だとしたら、もう少し冷静になって色々調べて欲しいな、と思います。

ぶっちゃけ作詞家って儲かるの? とか思ってるんでしょ?

こんばんは、作詞家のMikeyです!

みんな気になるでしょ?

「作詞家って儲かるの?」

って。

分かりますよ、よく聞かれるんんで。
ホントによく聞かれるんですよね…タメイキ

私レベルの作家でも有名な作家さんでも、周りのミュージシャンの人たちでも、みんなこの質問には困ってるみたいです。

やれやれだぜ…

まぁ、正直にお答えしましょう。
きっと他の皆さんも、正直に答えています。
なのにだいたい「またまたぁ〜」なんて返事が帰ってくるんですけどね。

作詞家は……

儲かるかどうかは人それぞれです!

メジャーの作品だと、作詞の印税はCDの売り上げの3%くらいです。
そこからだいたい作家事務所と契約しているのでマネージメント料が引かれます。
割合は事務所によって違うのですが、10〜50%くらい引かれると思ってください。もしマネージメント料で50%引かれたら、印税はCDの売り上げの1.5%ですね。
あとは計算出来るかと思いますので割愛させていただきます。

つまりCDがたくさん売れるなら作詞家は儲かります。
どんなに良い作品だとしても、CDが売れなかったら儲かりません。
原稿料というものは基本的に存在しません(ごくたまにいただけることもあります)。

だから、まぁ…
私の収入はご想像にお任せしますね。

でも、でもですよ。

作詞家にはプライスレスな幸せがあります。

それは、ライブなどで歌が歌われるときにやってきます。

想像してみてください。
ライブなどで、自分が作詞した曲が歌われるのを。

ファンがその歌を聴いて盛り上がったり、感動したりしている様子を。

生で見ると迫力が違います。
テレビ越しに、テロップで作詞者名が流れるのを見るのも圧巻です。
CDが発売され、店頭に並んでいるのを見るのも感動なのです。

だから、すごく楽しくて嬉しいんですよ。
そして幸せです。

色々大変なこともあるけど、やめられません。

あなたも作詞してみたくなりませんか?

誰でも最初は初心者

オトメシ!
〜音楽で美味しいご飯が食べたいあなたのための情報サイト〜

にようこそ!

こんにちは、作詞家のMikeyです。
初めてのことをするのって緊張しませんか?
私はものすごく緊張します(><)

私の周りのミュージシャンやクリエイターの中でもなかなか新しい一歩を踏み出せない人がたくさんいます。

気持ちはとても分かります。私も同じですから。

でも……でもやっぱり、勇気を持って一歩踏み出さないと何も始まらないんです。残念ながら。

友人の中にも、とても素晴らしい才能を持っているのになかなか外に出ていくことが出来ない人がいます。
「やればいいのに」
「大丈夫」
と周りが言っても、本人が覚悟を決めない限りは進めないですね。でも、ほんのちょっとの勇気を持って頑張って欲しいです!

私は(作詞については)一歩踏み出しました。
私の一歩は作家事務所のオーディションです。
何社か応募して、最初にお返事くださったところに今でもお世話になっています。

人見知りで小心者の私がなぜオーディションに挑戦出来たのか……それは、書類を出すだけだったからです(^^;)

オーディションは各事務所で随時行われているので、チェックしてみてください。

オーディション情報を知らないという方が割と多いのですが、Musicman-netなどで調べると色々な事務所があることが分かります。

他には、好きな作家さんが所属している事務所を検索したり、作家を育成するためのスクールをやっているところを探すと見つかると思います。

『悪い事務所に当たったらどうしよう』という不安もあると思いますが、所属している人に聞く機会はなかなかないですよね。

そういうとき、ひとつの判断基準になるのが『お金を要求されるかされないか』ですね。

スクールは別ですが、作家事務所に所属する際に普通は所属料というようなものは取られません。例えば、アルバイトをするのに、職場にお金を払う必要はないですよね?

もし万が一、事務所に所属する時点でお金が必要だと言われたら、他にも事務所はたくさんあるので、別のところを探してみた方が良いと思います。

幸いにも私はそのような経験がないのですが、ネットの噂で見かけることがあるので……

どの事務所が良いかどうかは人それぞれです。
私自身は事務所を経営しているわけではないので、ご紹介することは出来ません。ご自分で色々探してみてくださいね。

もっと色々知りたい! という方はお問い合わせくださいね。
(直接はお答え出来ませんが、参考にさせていただきblogなどでお答えします)

1万時間の法則って知ってますか?

オトメシ!
〜音楽で美味しいご飯が食べたいあなたのための情報サイト〜

にようこそ!

 

こんにちは、作詞家のMikeyです。
前回の記事で「本気で3年頑張ればプロレベルに達することは出来る」と書きました。

実際に私は、プロになろうと決めてから3年で作詞家になれましたし、小説家にもなれました。なぜ3年でプロになれるのか、最初は自分でもよく分かりませんでしたが、みなさんはすでにご存知かもしれません。

マルコム・グラッドウェルという人が紹介している「1万時間の法則」というのが、毎日9時間×3年間にちょうど匹敵するんです。

この本に詳しく書いてあります。

3年もコツコツ頑張れば、コツをつかんだり自信を持ったりすることが出来ると思います。
時間をかけて続けることが才能なのかもしれないですね。

ちなみに……
プロの定義というのは人それぞれ違うと思いますが、ひとまずここでは「仕事としてお金をいただいている」ことを指しています。無料で作品を発表することと、たとえ1円でも作品にお金をいただくことには雲泥の差があります。

プロになりたい人は、まず1円の壁を破れるように頑張ってみてくださいね!

もっと色々知りたい! という方はお問い合わせくださいね。
(直接はお答え出来ませんが、参考にさせていただきblogなどでお答えします)

 

 

あなたには運がありますか?

オトメシ!
〜音楽で美味しいご飯が食べたいあなたのための情報サイト〜

にようこそ!

こんにちは、作詞家のMikeyです。
突然ですが、あなたは自分が幸運だと思ったことがありますか?

つい先日まで行われていた冬季オリンピックは日本人選手が活躍していましたね。
競技を見ていて、1位と2位の差は運命的だと思う場面がたくさんありました。

クリエイターやその他の職業でも、運に左右されることはあると思います。

誤解をしないで欲しいのは、プロになれるかどうかは努力で決まります。
どんな仕事でも(条件などによって不可能な場合もありますが)、本気で3年頑張ればプロレベルに達することは出来るでしょう。

プロになってからも、続けていくことは険しい道のりです。
ましてや、大きな仕事に関わることが出来るかどうかや評価されるかどうかの部分では、運命としか思えないときがあります。

私が作詞家になれたのは、運ではなく実力です。
ですが、コンペ全盛のこの時代では有名な作家でも指名の仕事は少ないので、運に左右されることがあるのです。
現場はいつも新しい才能を求めていますから。

だからこそみんなにチャンスがある。
諦めたらそこで終わり。
辛くても続けていれば、大きなことが出来る可能性がある。

そして、続けていくためには決意が必要だ、と私は思います。

絶対に自分の作品を大勢の人に届ける、という強い気持ちがなければ、続けることは難しいです。
決意は作品にも現れます。人は見えないものを感じる力を持っているからです。

つい最近も、あるご縁をいただきました。
作品を世に出すことが出来るかどうかは運次第だと思っています。

もっと色々知りたい! という方はお問い合わせくださいね。
(直接はお答え出来ませんが、参考にさせていただきblogなどでお答えします)

夢を叶える方法3

〜音楽で美味しいご飯が食べたいあなたのための情報サイト〜

にようこそ!

こんにちは、作詞家のMikeyです。
今回は「夢の叶える方法1」「夢の叶える方法2」に引き続き「夢の叶える方法3」です。
今回は「世界は意外と簡単に変わるのかもしれない」と感じたことをご紹介しますね。

最近どんどん自分の周りの環境が変わっていっているような気がします。
それは気のせいかもしれないし、実は元からどんどん変わっていることにやっと気づいたのかもしれないし、本当に変化が加速しているのかもしれない。

最近実用書(ビジネス書)などを読む割合が増えてきていて、それらは常に同じ本質を示しています。本当に大切なことというのはシンプルなんですね。

やるかやらないか

たったそれだけです。
ダイエット本もそう(笑)
方法は自分に合ったものを選べばいい。
実行すれば変化する。実行しなければ何も変わらない。
ただ、それだけ。

自分に合った方法、自分が信じられる方法を見つけることは大事です。
そうじゃないと続かないですからね。

私はずっと、自分がクリエイターとして大成しなければ、クリエイターが報われる世界に変えられれないと思っていました。正直辛かったです。なぜなら、私はクリエイターとして大成する方法を知らなかったから。

近年は作詞家として非常に忙しく活動していました。お陰で自分にとっては過去最高の実績を積むことが出来ました。でも、それは自分にとって過去最高なだけで、客観的に見れば成功しているとはとても言えないのです。歌詞の採用率が上がったというよりは書く量が増えたから必然的に採用が増えたというだけでした。それでは自分さえ救えない。書いても書いても書いても〆切はどんどんやってきて、元々アインシュタイン並みのロングスリーパーなのにナポレオンのような睡眠時間の生活をしていたので心身はボロボロでした。
それが原因ではないと思うけど追突事故に巻き込まれ、腕の痺れと痛みがなかなか治らないためか(それとも単に睡眠不足のせいか)過去によく起きていた原因不明の胸痛が復活したり、本当にいろいろなことが現在進行形で起きています。

こんな状態をこの先いつまでも続けていられるはずがない、なんとかしなければと考えていた時、web上のとある記事が目に入りました。そこから、しばらく読んでいなかった実用書、ビジネス書、著者のblogや動画などをチェックし始め、最近やっとメンターと呼べそうな人物を見つけることが出来ました。

『呼べそうな』と書いたのは、私が未だメンターについて完全に理解しているとは言い難いからですね。メンターという言葉も数年前まで知らなかったのですが、その言葉を初めて知った時はメンター=心の師だと思っていたので、私にとってのメンターは曽祖母の兄しかいないと思っていました。
祖父は二人とも私が生まれる前に亡くなっていたので、実質私にとってその人は祖父のような存在でした。私が4歳の頃に亡くなったので、幼児だった私にとっては知識を与えてくれる神のような存在でした。彼の話については、まぁこの辺にしておきます。
今の私にとってのメンターとは、自分が目指す将来のお手本になる人物です。今はその方のもとで学んでいるので、あながち間違いではないと思うのですが……

私の師も「言い訳せずにとにかくやること!」と言っています。
やってみなければ、それがいいのか悪いのかも分かりません。
今私が目指している方向だって、もしかしたら非効率で他にもっと簡単な道があるのかもしれない。でも、それはやってみなければ分からないのです。逆にやってみたら、誰かが「もっといい方法があるよ」と教えてくれるかもしれません。

私が『なんとかしなければ』と本気で考え始めたのが、だいたい半年ほど前のことです。その頃はまだ考え始めたばかりで、実際何をすれば良いのか分かっていませんでした。
ネット上で知り合った人と直接会う機会があり情報交換などしている間に、別のところで動いていた友人の情報を知り、年明けからインプット量が増えてきたこともあって、動きが加速し始めました。
師を見つけたのは今年に入ってからです。ちょうど学び始めようとしたときに、それまで働いていた仕事の一つが終了となり、学ぶ時間が増えました。去年と比べると作詞量も落ち着き、しかも家族も新しいことを始める私を応援してくれるので、正に自分が望んだ世界に変わってきています。

もう、頑張るしかないですよね(笑)

そんなこんなで、今はまだ学びの時なので上手くまとめることが出来ませんが、色々と水面下で動いています(急に動きすぎて先週はしばらく寝込んでいたりもしましたが、まぁ人間なかなか簡単には死なないですねw)。
クリエイターである私は、他のクリエイターのためになることをすることで自分自身を救うことが出来ると信じています。

だからやる

ただそれだけです。
もし自分の状況を変えたいと思ったら、騙されたと思ってこの本を読んでみてください(怪しい商法ではないので警戒しないでくださいね。読みたくなかったら読まなくても全然構いませんので。)。

恐らく、読んでも意味がよく分からないと思います。少なくとも私はさっぱり理解出来ませんでした。この本だけでやるべきことが分かったなら、ぜひ実行してみてください。
もし分からなかったら、関連する本やDVDなどがたくさんあります。手当たり次第に読んだり見たりしてみましょう。きっと自分に合うものが見つかると思います。
DVDならこの辺りが良いかもしれません(この内容も私にとっては難解ですw)。

ちなみに、私は引き寄せという言葉は他力本願な気がして好きではないです。
神様にも祈らないし願掛けもしません。自分が動けばいいと思います。
そして、自分の力だけではこれ以上進めないかもしれないと悩んだときには「夢の叶える方法2」で書いたように誰かに話をしてみてもいいでしょう。もし誰にも話せない、というときには、こんな本を読んでみても良いのではないでしょうか。

もっと色々知りたい! という方はお問い合わせくださいね。
(直接はお答え出来ませんが、参考にさせていただきblogなどでお答えします)

コライトのすすめ

オトメシ!
〜音楽で美味しいご飯が食べたいあなたのための情報サイト〜

にようこそ!

こんにちは、作詞家のMikeyです。
近年、日本にも浸透してきたコライト(co-wirting)についてご紹介します。

コーライティングとはCo-Writingのこと。つまり共同制作です。
以前から海外の音楽制作現場では恒常的にコライトが行われていました。
日本では最近やっと始まりつつある、といった状況でしょうか。

以下の記事をご覧ください。
日本でおそらく初めてコライトに取り組み始められた伊藤涼さんの記事です。

初心者でも大丈夫?仲間がいなくてもできるの?話題のコーライティングにチャレンジしてみよう!

 

最近はコンペに参加する作家が増えたためか、なかなか決まらないのが現状です。一方、採用される作家は何度も続けて採用されることが多いのです(詳しくは前述の記事を読んでみてください)。そこで、実力のある作家同士が組んで、あるいは新人作家がトップクリエイターと組んで作品を生み出し、採用につなげていく方法がコライトです。

私は記事に出てくる伊藤さんと山口さんの著書最先端の作曲法 コーライティングの教科書 役割シェア型の曲作りが、化学反応を起こす!』を読み、自分なりに試行錯誤しています。
ですが、なかなか独力では思うようにいかないですね。まだ日本のクリエイター、特にアマチュアシーンでは、作曲は作曲、作詞は作詞、と別々の意識が働いているようです。

さすが作家事務所内ではコライトの意識が進んでいて、実際に約2時間半ほどで1コーラスの曲が完成しました。この作品がいつか世に出るように願いつつ、また次回も参加する予定です。

紹介した記事の中にAudiostockというサイトが紹介されています。音楽版のPIXTAのようなイメージでしょうか。
このように、会社に所属していなくても自分の創作物を販売出来るサイトは他にも様々あります。今後もっと増えて、クリエイターやクリエイターを目指す人たちが収入を得られるような社会に発展していくことを私は願っています。

そして、私自身も現在あるサイトを研究し、さらにクリエイターが幸せになれるような仕組みを作るための準備をしているところです。


伊藤さんと山口さんの著書

 

もっと色々知りたい! という方はお問い合わせくださいね。
(直接はお答え出来ませんが、参考にさせていただきblogなどでお答えします)

夢を叶える方法2

〜音楽で美味しいご飯が食べたいあなたのための情報サイト〜

にようこそ!

こんにちは、作詞家のMikeyです。
今回は「夢の叶え方1」に引き続き「夢の叶え方2」です。
私がどうやって作詞家になったかという話をご紹介しますね。

作家事務所に登録してしばらくの間、今ほどコンペ数は多くありませんでしたが何度も挑戦して、それでも結果が出せない日々を過ごしていました。

私は作詞についてきちんと学んでいたわけではなく、また家族にも誰にも秘密で活動していたので、相談する相手がいませんでした。

このままコンペを続けていてもどうにもならないかもしれない。
だからといって、どういう努力をすればいいのかも分からない。

悩んだ末、あるときふと家族に話してみようと思ったのです。
私が家族に「作詞家になりたいと思って活動している」と告げたとき、家族はただ「頑張って!」としか言いませんでした。家族は音楽について詳しいわけでも、ましてや音楽関係の仕事をしていたわけでもありませんでしたから当然です。

でも、それからしばらくして、私の歌詞は採用され作詞家としてデビューすることが出来ました。

どうして私は作詞家になれたのでしょうか?

科学的な根拠は分かりませんが、私は人に話すことによって「想いの強さ」が変化したのだと思っています。
応援してくれる誰かがいる、ただそれだけで勇気が湧きます。

このblogでは、精神論的な内容が多いかもしれません。
もちろん技術的なことも必要ですが、本気でプロの作家になりたい、本気でミュージシャンになりたい、本気で夢を叶えたい、という想いがあるなら、心の有り様を大事にして欲しいです。

あなたがどんな人生を歩みたいのか、人に話すことでクリアになっていくことでしょう。

技術だけでたどり着けるのは、プロの一歩手前までです。
その先はどれだけ強い想いで諦めずに続けられるかが重要になってきます。

なんだか真面目(?)な内容になってきてしまったので、今回はこの辺でおしまいにしておきますね。

もっと色々知りたい! という方はお問い合わせくださいね。
(直接はお答え出来ませんが、参考にさせていただきblogなどでお答えします)

初心者は手でいっぱいして

オトメシ!
〜音楽で美味しいご飯が食べたいあなたのための情報サイト〜

にようこそ!


こんにちは、作詞家のMikeyです。
作詞講座の第2回目は…「手を使って歌詞を書こう」です!

慣れてきたらPCやスマホでも、得意なやり方で良いと思います。
でも最初は紙と鉛筆(またはペン)を使って、手で書いてみましょう。
第1回目で書いたように「消しゴムは使わずに」です。

なぜ手で書くのが良いのか。

ワープロなどで書いた歌詞は読みやすく文字列も整っているので、それだけで「きちんと歌詞が書けている」ように感じてしまうのです。

最初の状態から完璧な歌詞はほとんどありません。

自分の字で、時には汚く雑に書かれているのを見て「まだ完成ではない。もっと良い歌詞になる」と感じましょう。

あるいは、文字の勢いを見て「ここはもっと力強い言葉に変えよう」と感じるかもしれません。

直して直して真っ黒になった歌詞を、まっさらな紙(またはノート)に清書して、もう一度、出来れば声に出して読んでみましょう。メロディがあるなら、是非歌ってみてください。

そして改めて推敲に戻りましょう。

真っ黒になった紙は「消しゴムを使わない」のと同様に、捨ててしまわないようにしましょう。最初のうちはノートに書くと良いかもしれないですね。一枚の紙だと無くしてしまいやすいので。

真っ黒なノートは恥ずかしくて人に見せられないと思うかもしれません。でも、見せなくても良いのです。捨てずに取っておいて、あとから読み返すと、自分の心の変化や成長に気づくはずです。

もっと色々知りたい! という方はお問い合わせくださいね。
(直接はお答え出来ませんが、参考にさせていただきblogなどでお答えします)

夢を叶える方法1

オトメシ!
〜音楽で美味しいご飯が食べたいあなたのための情報サイト〜

にようこそ!

こんにちは、作詞家のMikeyです。

私は夢を叶えるために神社にお参りしたり開運グッズを用意したり、引き寄せという言葉を使ったりするのが好きではありません。
神社へのお参りもここ数年行ってませんし、以前から、神社に行くことがあってもお参りでお願いをすることはありませんでした。

それでも、ここぞという願いは叶えてきました。
なので『願いを叶える方法は神様にお願いする以外の方法がある』と思っていました。

でも、気づいたんです。
願いを叶えるために神社にお参りする人と、私が願いを叶えてきた方法が同じだということに。

それは……

『どれだけ強く願うか』

なんです。

入り口がどうであろうと『自分の願いが叶うと信じて強く願う』ことが願いを叶える方法だと思います。
自分を信じるためのやり方を伝える『言葉』が違うだけです。
もっと言うと、住んでいる星が違う感じです。

だから、自分が納得出来ないやり方はいくら真似をしても願いは叶わないと思います。
神社で神様にお願いをするのが好きではないのに、お願いしたって叶うはずがないのです。
だって『こんなことしても無駄』って自分で決めつけているんだから。
そのことに気づいてから、少し気が楽になりました。

また『お金が理由で成功したいと思うのは間違っている』という考え方も間違っていると思います。
日本では『お金は汚いもの』と捉えられてしまっているので仕方のない部分もありますが、お金は別に綺麗でも汚くもないのです。お金は感謝の気持ちだったり信頼の証だったりします。

逆に心から信じられるなら、例えば『朝逆立ちをすると絶対願いが叶う』みたいな適当なことでも効果が得られると思います。
イワシの頭も信心からってヤツですね。
世の中にはいろいろな開運の方法が溢れているので、自分が納得出来る方法を探してみてはどうでしょうか。
ただし、他人に迷惑をかけるような願いは、たとえ叶ったとしても後からしっぺ返しがくると思いますよ。

私の願いを叶える方法は、別の記事に書きますが『人に話す』というものです。
それ以外にも『心に決める』という方法もあります。
『やりたい』とか『やれたらいいな』ではなく『やる』と決めるのです。
あとは信じて本気で取り込むだけです。

 

もっと色々知りたい! という方はお問い合わせくださいね。
(直接はお答え出来ませんが、参考にさせていただきblogなどでお答えします)