裸で叫んだって誰も見向きもしない!

〜音楽で美味しいご飯が食べたいあなたのための情報サイト〜

にようこそ!

こんにちは、、作詞家のMikeyです。
今回は、ある人の言葉をご紹介します。

かなり前の話なのですが、WEB経由である人と知り合いました。その人となぜ知り合いになったのかも覚えていないくらい前のことだけど、その人の言葉だけは今でも覚えています。

「大通りで裸で叫んだって誰も聞いていないんだから、もっと自分の好きなようにした方がいい」

 

そうですね……いや、裸だったら流石に通報されるんじゃないかな、とは思うんですけど、もっと自由に好きなようにやればいい、って言うのは、本当に私もそう思うんですよね。

だから、好きなことをやってみましょう♪
今は裸で大通りに立たなくてもたくさんのblogサイトがあるし、YouTubeやニコニコ動画のような動画サイトだってある。Twitterだっていいんです。

まずは発信してみましょう。
匿名だって構いません。
※匿名だから何を発言しても良いわけではありませんよ。また、匿名といっても個人が特定されないわけではありません。気をつけてくださいね。

 

ある人の言葉では、正直なところ私は変わることが出来ませんでした。でも、言いたいことは分かります。
ある意味では、私も背中を押していただき、今も感謝しています。

だから、私もここで誰かの背中を押すお手伝いが出来たらいいな、と思っています。
今は、自分も模索中なので「ついてこい!」みたいなことは言えないけど、一緒に何か出来たらいいな。

もっと色々知りたい! という方はお問い合わせくださいね。
(直接はお答え出来ませんが、参考にさせていただきblogなどでお答えします)

夢を叶える方法3

〜音楽で美味しいご飯が食べたいあなたのための情報サイト〜

にようこそ!

こんにちは、作詞家のMikeyです。
今回は「夢の叶える方法1」「夢の叶える方法2」に引き続き「夢の叶える方法3」です。
今回は「世界は意外と簡単に変わるのかもしれない」と感じたことをご紹介しますね。

最近どんどん自分の周りの環境が変わっていっているような気がします。
それは気のせいかもしれないし、実は元からどんどん変わっていることにやっと気づいたのかもしれないし、本当に変化が加速しているのかもしれない。

最近実用書(ビジネス書)などを読む割合が増えてきていて、それらは常に同じ本質を示しています。本当に大切なことというのはシンプルなんですね。

やるかやらないか

たったそれだけです。
ダイエット本もそう(笑)
方法は自分に合ったものを選べばいい。
実行すれば変化する。実行しなければ何も変わらない。
ただ、それだけ。

自分に合った方法、自分が信じられる方法を見つけることは大事です。
そうじゃないと続かないですからね。

私はずっと、自分がクリエイターとして大成しなければ、クリエイターが報われる世界に変えられれないと思っていました。正直辛かったです。なぜなら、私はクリエイターとして大成する方法を知らなかったから。

近年は作詞家として非常に忙しく活動していました。お陰で自分にとっては過去最高の実績を積むことが出来ました。でも、それは自分にとって過去最高なだけで、客観的に見れば成功しているとはとても言えないのです。歌詞の採用率が上がったというよりは書く量が増えたから必然的に採用が増えたというだけでした。それでは自分さえ救えない。書いても書いても書いても〆切はどんどんやってきて、元々アインシュタイン並みのロングスリーパーなのにナポレオンのような睡眠時間の生活をしていたので心身はボロボロでした。
それが原因ではないと思うけど追突事故に巻き込まれ、腕の痺れと痛みがなかなか治らないためか(それとも単に睡眠不足のせいか)過去によく起きていた原因不明の胸痛が復活したり、本当にいろいろなことが現在進行形で起きています。

こんな状態をこの先いつまでも続けていられるはずがない、なんとかしなければと考えていた時、web上のとある記事が目に入りました。そこから、しばらく読んでいなかった実用書、ビジネス書、著者のblogや動画などをチェックし始め、最近やっとメンターと呼べそうな人物を見つけることが出来ました。

『呼べそうな』と書いたのは、私が未だメンターについて完全に理解しているとは言い難いからですね。メンターという言葉も数年前まで知らなかったのですが、その言葉を初めて知った時はメンター=心の師だと思っていたので、私にとってのメンターは曽祖母の兄しかいないと思っていました。
祖父は二人とも私が生まれる前に亡くなっていたので、実質私にとってその人は祖父のような存在でした。私が4歳の頃に亡くなったので、幼児だった私にとっては知識を与えてくれる神のような存在でした。彼の話については、まぁこの辺にしておきます。
今の私にとってのメンターとは、自分が目指す将来のお手本になる人物です。今はその方のもとで学んでいるので、あながち間違いではないと思うのですが……

私の師も「言い訳せずにとにかくやること!」と言っています。
やってみなければ、それがいいのか悪いのかも分かりません。
今私が目指している方向だって、もしかしたら非効率で他にもっと簡単な道があるのかもしれない。でも、それはやってみなければ分からないのです。逆にやってみたら、誰かが「もっといい方法があるよ」と教えてくれるかもしれません。

私が『なんとかしなければ』と本気で考え始めたのが、だいたい半年ほど前のことです。その頃はまだ考え始めたばかりで、実際何をすれば良いのか分かっていませんでした。
ネット上で知り合った人と直接会う機会があり情報交換などしている間に、別のところで動いていた友人の情報を知り、年明けからインプット量が増えてきたこともあって、動きが加速し始めました。
師を見つけたのは今年に入ってからです。ちょうど学び始めようとしたときに、それまで働いていた仕事の一つが終了となり、学ぶ時間が増えました。去年と比べると作詞量も落ち着き、しかも家族も新しいことを始める私を応援してくれるので、正に自分が望んだ世界に変わってきています。

もう、頑張るしかないですよね(笑)

そんなこんなで、今はまだ学びの時なので上手くまとめることが出来ませんが、色々と水面下で動いています(急に動きすぎて先週はしばらく寝込んでいたりもしましたが、まぁ人間なかなか簡単には死なないですねw)。
クリエイターである私は、他のクリエイターのためになることをすることで自分自身を救うことが出来ると信じています。

だからやる

ただそれだけです。
もし自分の状況を変えたいと思ったら、騙されたと思ってこの本を読んでみてください(怪しい商法ではないので警戒しないでくださいね。読みたくなかったら読まなくても全然構いませんので。)。

恐らく、読んでも意味がよく分からないと思います。少なくとも私はさっぱり理解出来ませんでした。この本だけでやるべきことが分かったなら、ぜひ実行してみてください。
もし分からなかったら、関連する本やDVDなどがたくさんあります。手当たり次第に読んだり見たりしてみましょう。きっと自分に合うものが見つかると思います。
DVDならこの辺りが良いかもしれません(この内容も私にとっては難解ですw)。

ちなみに、私は引き寄せという言葉は他力本願な気がして好きではないです。
神様にも祈らないし願掛けもしません。自分が動けばいいと思います。
そして、自分の力だけではこれ以上進めないかもしれないと悩んだときには「夢の叶える方法2」で書いたように誰かに話をしてみてもいいでしょう。もし誰にも話せない、というときには、こんな本を読んでみても良いのではないでしょうか。

もっと色々知りたい! という方はお問い合わせくださいね。
(直接はお答え出来ませんが、参考にさせていただきblogなどでお答えします)

コライトのすすめ

オトメシ!
〜音楽で美味しいご飯が食べたいあなたのための情報サイト〜

にようこそ!

こんにちは、作詞家のMikeyです。
近年、日本にも浸透してきたコライト(co-wirting)についてご紹介します。

コーライティングとはCo-Writingのこと。つまり共同制作です。
以前から海外の音楽制作現場では恒常的にコライトが行われていました。
日本では最近やっと始まりつつある、といった状況でしょうか。

以下の記事をご覧ください。
日本でおそらく初めてコライトに取り組み始められた伊藤涼さんの記事です。

初心者でも大丈夫?仲間がいなくてもできるの?話題のコーライティングにチャレンジしてみよう!

 

最近はコンペに参加する作家が増えたためか、なかなか決まらないのが現状です。一方、採用される作家は何度も続けて採用されることが多いのです(詳しくは前述の記事を読んでみてください)。そこで、実力のある作家同士が組んで、あるいは新人作家がトップクリエイターと組んで作品を生み出し、採用につなげていく方法がコライトです。

私は記事に出てくる伊藤さんと山口さんの著書最先端の作曲法 コーライティングの教科書 役割シェア型の曲作りが、化学反応を起こす!』を読み、自分なりに試行錯誤しています。
ですが、なかなか独力では思うようにいかないですね。まだ日本のクリエイター、特にアマチュアシーンでは、作曲は作曲、作詞は作詞、と別々の意識が働いているようです。

さすが作家事務所内ではコライトの意識が進んでいて、実際に約2時間半ほどで1コーラスの曲が完成しました。この作品がいつか世に出るように願いつつ、また次回も参加する予定です。

紹介した記事の中にAudiostockというサイトが紹介されています。音楽版のPIXTAのようなイメージでしょうか。
このように、会社に所属していなくても自分の創作物を販売出来るサイトは他にも様々あります。今後もっと増えて、クリエイターやクリエイターを目指す人たちが収入を得られるような社会に発展していくことを私は願っています。

そして、私自身も現在あるサイトを研究し、さらにクリエイターが幸せになれるような仕組みを作るための準備をしているところです。


伊藤さんと山口さんの著書

 

もっと色々知りたい! という方はお問い合わせくださいね。
(直接はお答え出来ませんが、参考にさせていただきblogなどでお答えします)

夢を叶える方法2

〜音楽で美味しいご飯が食べたいあなたのための情報サイト〜

にようこそ!

こんにちは、作詞家のMikeyです。
今回は「夢の叶え方1」に引き続き「夢の叶え方2」です。
私がどうやって作詞家になったかという話をご紹介しますね。

作家事務所に登録してしばらくの間、今ほどコンペ数は多くありませんでしたが何度も挑戦して、それでも結果が出せない日々を過ごしていました。

私は作詞についてきちんと学んでいたわけではなく、また家族にも誰にも秘密で活動していたので、相談する相手がいませんでした。

このままコンペを続けていてもどうにもならないかもしれない。
だからといって、どういう努力をすればいいのかも分からない。

悩んだ末、あるときふと家族に話してみようと思ったのです。
私が家族に「作詞家になりたいと思って活動している」と告げたとき、家族はただ「頑張って!」としか言いませんでした。家族は音楽について詳しいわけでも、ましてや音楽関係の仕事をしていたわけでもありませんでしたから当然です。

でも、それからしばらくして、私の歌詞は採用され作詞家としてデビューすることが出来ました。

どうして私は作詞家になれたのでしょうか?

科学的な根拠は分かりませんが、私は人に話すことによって「想いの強さ」が変化したのだと思っています。
応援してくれる誰かがいる、ただそれだけで勇気が湧きます。

このblogでは、精神論的な内容が多いかもしれません。
もちろん技術的なことも必要ですが、本気でプロの作家になりたい、本気でミュージシャンになりたい、本気で夢を叶えたい、という想いがあるなら、心の有り様を大事にして欲しいです。

あなたがどんな人生を歩みたいのか、人に話すことでクリアになっていくことでしょう。

技術だけでたどり着けるのは、プロの一歩手前までです。
その先はどれだけ強い想いで諦めずに続けられるかが重要になってきます。

なんだか真面目(?)な内容になってきてしまったので、今回はこの辺でおしまいにしておきますね。

もっと色々知りたい! という方はお問い合わせくださいね。
(直接はお答え出来ませんが、参考にさせていただきblogなどでお答えします)

初心者は手でいっぱいして

オトメシ!
〜音楽で美味しいご飯が食べたいあなたのための情報サイト〜

にようこそ!


こんにちは、作詞家のMikeyです。
作詞講座の第2回目は…「手を使って歌詞を書こう」です!

慣れてきたらPCやスマホでも、得意なやり方で良いと思います。
でも最初は紙と鉛筆(またはペン)を使って、手で書いてみましょう。
第1回目で書いたように「消しゴムは使わずに」です。

なぜ手で書くのが良いのか。

ワープロなどで書いた歌詞は読みやすく文字列も整っているので、それだけで「きちんと歌詞が書けている」ように感じてしまうのです。

最初の状態から完璧な歌詞はほとんどありません。

自分の字で、時には汚く雑に書かれているのを見て「まだ完成ではない。もっと良い歌詞になる」と感じましょう。

あるいは、文字の勢いを見て「ここはもっと力強い言葉に変えよう」と感じるかもしれません。

直して直して真っ黒になった歌詞を、まっさらな紙(またはノート)に清書して、もう一度、出来れば声に出して読んでみましょう。メロディがあるなら、是非歌ってみてください。

そして改めて推敲に戻りましょう。

真っ黒になった紙は「消しゴムを使わない」のと同様に、捨ててしまわないようにしましょう。最初のうちはノートに書くと良いかもしれないですね。一枚の紙だと無くしてしまいやすいので。

真っ黒なノートは恥ずかしくて人に見せられないと思うかもしれません。でも、見せなくても良いのです。捨てずに取っておいて、あとから読み返すと、自分の心の変化や成長に気づくはずです。

もっと色々知りたい! という方はお問い合わせくださいね。
(直接はお答え出来ませんが、参考にさせていただきblogなどでお答えします)

夢を叶える方法1

オトメシ!
〜音楽で美味しいご飯が食べたいあなたのための情報サイト〜

にようこそ!

こんにちは、作詞家のMikeyです。

私は夢を叶えるために神社にお参りしたり開運グッズを用意したり、引き寄せという言葉を使ったりするのが好きではありません。
神社へのお参りもここ数年行ってませんし、以前から、神社に行くことがあってもお参りでお願いをすることはありませんでした。

それでも、ここぞという願いは叶えてきました。
なので『願いを叶える方法は神様にお願いする以外の方法がある』と思っていました。

でも、気づいたんです。
願いを叶えるために神社にお参りする人と、私が願いを叶えてきた方法が同じだということに。

それは……

『どれだけ強く願うか』

なんです。

入り口がどうであろうと『自分の願いが叶うと信じて強く願う』ことが願いを叶える方法だと思います。
自分を信じるためのやり方を伝える『言葉』が違うだけです。
もっと言うと、住んでいる星が違う感じです。

だから、自分が納得出来ないやり方はいくら真似をしても願いは叶わないと思います。
神社で神様にお願いをするのが好きではないのに、お願いしたって叶うはずがないのです。
だって『こんなことしても無駄』って自分で決めつけているんだから。
そのことに気づいてから、少し気が楽になりました。

また『お金が理由で成功したいと思うのは間違っている』という考え方も間違っていると思います。
日本では『お金は汚いもの』と捉えられてしまっているので仕方のない部分もありますが、お金は別に綺麗でも汚くもないのです。お金は感謝の気持ちだったり信頼の証だったりします。

逆に心から信じられるなら、例えば『朝逆立ちをすると絶対願いが叶う』みたいな適当なことでも効果が得られると思います。
イワシの頭も信心からってヤツですね。
世の中にはいろいろな開運の方法が溢れているので、自分が納得出来る方法を探してみてはどうでしょうか。
ただし、他人に迷惑をかけるような願いは、たとえ叶ったとしても後からしっぺ返しがくると思いますよ。

私の願いを叶える方法は、別の記事に書きますが『人に話す』というものです。
それ以外にも『心に決める』という方法もあります。
『やりたい』とか『やれたらいいな』ではなく『やる』と決めるのです。
あとは信じて本気で取り込むだけです。

 

もっと色々知りたい! という方はお問い合わせくださいね。
(直接はお答え出来ませんが、参考にさせていただきblogなどでお答えします)

消しゴムを捨てろ!

オトメシ!
〜音楽で美味しいご飯が食べたいあなたのための情報サイト〜

にようこそ!

こんにちは、作詞家のMikeyです。
私が作詞を教えるときに、まず最初に言うことがあります。

「消しゴムは使わないでください」

です。消しゴムを捨てろ、とは流石に言いませんが(笑)

では、なぜ消しゴムを使ってはいけないのでしょうか?

それは、あなたの言葉は大切なあなたの宝物だからです。
歌詞を書くとき、一度に完璧な作品を書くことは出来ません。何度も何度も推敲を重ねます。単語を入れ替え、前後を入れ替え、ノートはそのうち真っ黒になってしまうでしょう。

今までのあなたは、別の言葉を入れるときに消しゴムで消して上書きしていたかもしれません。ですが、出来上がった歌詞を一晩寝かせてもう一度見直したとき、直したところがやっぱりしっくりこない、ということはよくあります。そんなにないよと言う人は、まだ作品数が少ないのでしょう。

最初の言葉の方が良かった、ということは本当によくある話で、そのときに最初の言葉を消してしまっていたら、覚えて入ればいいですが忘れている場合(これもいくつも歌詞を書いているとよくあります)、思い出すために無駄な時間を費やしてしまいます。

また、たくさん言葉を書き直すことでボキャブラリーが増えていきます。
あなたの真っ黒になったノートは宝物です。真っ黒になったら新しいページに清書すればいいのです。
消しゴムは使わずに、是非たくさんの言葉を書き重ねてください。

もっと色々知りたい! という方はお問い合わせくださいね。
(直接はお答え出来ませんが、参考にさせていただきblogなどでお答えします)

守秘義務は守らなければダメ絶対!

オトメシ!
〜音楽で美味しいご飯が食べたいあなたのための情報サイト〜

にようこそ!

こんにちは、作詞家のMikeyです。
作家として活動する際に気をつけなければいけないことがいくつかあります。

その中でも重要なのが「守秘義務」です。

例えば、作家事務所からコンペの情報が届いた時、どのアーティストがどんな曲をどんなテーマでどんな時期にどんな形態で発表するかが事前に分かってしまいます。

でも、アーティストを売り出すための戦略上、情報を出すタイミングは制作サイドが決めています。

その情報を作家が勝手に公開してしまったらどうなるでしょう?

以前、私が懇意にしていただいていた方がいます。
その方はある有名なアーティストの制作サイドにいました。
ある時、私はそのアーティストのシングル表題曲候補の作詞を決め打ちでいただいていたのです。でも、途中から連絡がなくなってしまいました。
実は、その方のお知り合いが情報を漏らしてしまい、責任を取ってその方が辞められていたのでした。

大きな仕事を手に入れた時に、思わず周りに話してしまいたくなることがあるかもしれません。

でも、私たちの周りでは「家族にこそ秘密にしないといけない」と言われています。家族や友人は、あなたを応援するためにニュースを広げてくれているかもしれません。

ですが、守秘義務を守れなかったとき、待っているのは破滅です。
気をつけてくださいね!

もっと色々知りたい! という方はお問い合わせくださいね。
(直接はお答え出来ませんが、参考にさせていただきblogなどでお答えします)

はじめに

オトメシ!
〜音楽で美味しいご飯が食べたいあなたのための情報サイト〜

にようこそ!

このサイトはタイトル通り「音楽で食べていきたい」「音楽のプロになりたい」「音楽のプロにならないまでももっと技術を向上させたい」という人のために役立つ情報をお届けします。

私、Mikeyは作詞家として10年以上活動しています。
しばらくの間、自分が作詞家であるということを伏せていましたが、最近初めて会う人に「作詞家です」と告げるとみんなに驚かれ、どうやって作詞家になったのかを聞かれます。
中には音楽活動をすでに始めている人や本気で目指している人もいるので、あまり情報が知られていないのだな、と分かりました。

私はずっと制作ばかりして引きこもっていますが、インターネットの普及のおかげで家にいても様々な情報が得られます。作詞家になれたのもインターネットのおかげです。
そこで私は「音楽で食べていきたい」「音楽のプロになりたい」「音楽のプロにならないまでももっと技術を向上させたい」という人のための情報を、インターネットを通じてご紹介していくことにしました。

情報が簡単に得られる世の中は便利になった反面、気をつけないといけないことがあります。それは情報が溢れすぎてどれを信じればいいか分からなくなることです。

あるひとつのことに対して、様々な意見がが飛び交い、中には全く逆の意見が出て来ることもあります。

例えば、メモを取るかどうか。

かの有名な作詞家、秋元康さんは「メモを取らない」と言います(詳しくはご自分で調べて見てくださいね)。一方でシンガーソングライターのスガシカオさんはメモ魔で、紙ではなくレコーダーを家のあちこちに置いて思いついたことをどんどんメモしておくのだそうです。

あなたはどちらが正しいと思いますか?

私はどちらも正解だと思います。
情報を得たら自分に向いているものを取り入れて試してみることをお勧めします。
大事なのは「やってみること」。
試す前から「これは違う」「こんなの無理」と言わずに、色々試してみてくださいね。

もっと色々知りたい! という方はお問い合わせくださいね。
(直接はお答え出来ませんが、参考にさせていただきblogなどでお答えします)