JASRACってそんなに悪いの?

最近よく「JASRACは悪い」「自分の作品なのに自由に使えないのはおかしい」「ぼったくりだ」などの意見を聞くんですよね。
でもね、本当にJASRACは悪いのかな? って思うんですよ。

私はJASRACの信託会員です。
申請時に1万円ほど払いましたが、その後は1円も払わずに印税を分配してもらっています。
曲、特にメジャーの曲がどのように使われるのかを作家が個人で把握するのは不可能に近いです。
それを代わりに管理してくれるのがJASRACなんですよね。
私のような作家には、JASRACの存在は非常にありがたいです。

他には、
「自分の作品なのに自由に使えないのはおかしい」
っていう意見もあります。

でもメジャーの曲の場合、一般的にJASRACに登録する前に音楽出版社と契約した時点で著作権を譲渡しているので、作家が自由に使うことは出来ません。
だけど、JASRACに使用料を払えば、全額ではないにせよ作家に戻ってきます。
曲の管理をしてもらっているので、管理費として使用料を払うのは不当とは思えません。

ただ、分配率については不透明な部分も多く、批判の対象になっても仕方ないかもしれません。これはJASRACが実質独占的な組織だからです。

最近ではavexがJASRACから楽曲を引き上げて独自で管理していたり、他にも管理組織がないわけではありませんが、日本で一番占有率が高いのは事実です。

http://avexmusicpublishing.com/ja/music-management

NexTonewww.nex-tone.co.jp

私が思うに、文句を言っている人の大多数は音楽業界を知らない人みたいですよね。

音楽は歌う人や演奏する人だけじゃなく、作る人や管理する人たちがいて成り立っているものもあるので、もし音楽が好きで音楽を守りたいっていう気持ちからの発言だとしたら、もう少し冷静になって色々調べて欲しいな、と思います。