ぶっちゃけ作詞家って儲かるの? とか思ってるんでしょ?

こんばんは、作詞家のMikeyです!

みんな気になるでしょ?

「作詞家って儲かるの?」

って。

分かりますよ、よく聞かれるんんで。
ホントによく聞かれるんですよね…タメイキ

私レベルの作家でも有名な作家さんでも、周りのミュージシャンの人たちでも、みんなこの質問には困ってるみたいです。

やれやれだぜ…

まぁ、正直にお答えしましょう。
きっと他の皆さんも、正直に答えています。
なのにだいたい「またまたぁ〜」なんて返事が帰ってくるんですけどね。

作詞家は……

儲かるかどうかは人それぞれです!

メジャーの作品だと、作詞の印税はCDの売り上げの3%くらいです。
そこからだいたい作家事務所と契約しているのでマネージメント料が引かれます。
割合は事務所によって違うのですが、10〜50%くらい引かれると思ってください。もしマネージメント料で50%引かれたら、印税はCDの売り上げの1.5%ですね。
あとは計算出来るかと思いますので割愛させていただきます。

つまりCDがたくさん売れるなら作詞家は儲かります。
どんなに良い作品だとしても、CDが売れなかったら儲かりません。
原稿料というものは基本的に存在しません(ごくたまにいただけることもあります)。

だから、まぁ…
私の収入はご想像にお任せしますね。

でも、でもですよ。

作詞家にはプライスレスな幸せがあります。

それは、ライブなどで歌が歌われるときにやってきます。

想像してみてください。
ライブなどで、自分が作詞した曲が歌われるのを。

ファンがその歌を聴いて盛り上がったり、感動したりしている様子を。

生で見ると迫力が違います。
テレビ越しに、テロップで作詞者名が流れるのを見るのも圧巻です。
CDが発売され、店頭に並んでいるのを見るのも感動なのです。

だから、すごく楽しくて嬉しいんですよ。
そして幸せです。

色々大変なこともあるけど、やめられません。

あなたも作詞してみたくなりませんか?