コライトのすすめ

オトメシ!
〜音楽で美味しいご飯が食べたいあなたのための情報サイト〜

にようこそ!

こんにちは、作詞家のMikeyです。
近年、日本にも浸透してきたコライト(co-wirting)についてご紹介します。

コーライティングとはCo-Writingのこと。つまり共同制作です。
以前から海外の音楽制作現場では恒常的にコライトが行われていました。
日本では最近やっと始まりつつある、といった状況でしょうか。

以下の記事をご覧ください。
日本でおそらく初めてコライトに取り組み始められた伊藤涼さんの記事です。

初心者でも大丈夫?仲間がいなくてもできるの?話題のコーライティングにチャレンジしてみよう!

 

最近はコンペに参加する作家が増えたためか、なかなか決まらないのが現状です。一方、採用される作家は何度も続けて採用されることが多いのです(詳しくは前述の記事を読んでみてください)。そこで、実力のある作家同士が組んで、あるいは新人作家がトップクリエイターと組んで作品を生み出し、採用につなげていく方法がコライトです。

私は記事に出てくる伊藤さんと山口さんの著書最先端の作曲法 コーライティングの教科書 役割シェア型の曲作りが、化学反応を起こす!』を読み、自分なりに試行錯誤しています。
ですが、なかなか独力では思うようにいかないですね。まだ日本のクリエイター、特にアマチュアシーンでは、作曲は作曲、作詞は作詞、と別々の意識が働いているようです。

さすが作家事務所内ではコライトの意識が進んでいて、実際に約2時間半ほどで1コーラスの曲が完成しました。この作品がいつか世に出るように願いつつ、また次回も参加する予定です。

紹介した記事の中にAudiostockというサイトが紹介されています。音楽版のPIXTAのようなイメージでしょうか。
このように、会社に所属していなくても自分の創作物を販売出来るサイトは他にも様々あります。今後もっと増えて、クリエイターやクリエイターを目指す人たちが収入を得られるような社会に発展していくことを私は願っています。

そして、私自身も現在あるサイトを研究し、さらにクリエイターが幸せになれるような仕組みを作るための準備をしているところです。


伊藤さんと山口さんの著書

 

もっと色々知りたい! という方はお問い合わせくださいね。
(直接はお答え出来ませんが、参考にさせていただきblogなどでお答えします)