守秘義務は守らなければダメ絶対!

オトメシ!
〜音楽で美味しいご飯が食べたいあなたのための情報サイト〜

にようこそ!

こんにちは、作詞家のMikeyです。
作家として活動する際に気をつけなければいけないことがいくつかあります。

その中でも重要なのが「守秘義務」です。

例えば、作家事務所からコンペの情報が届いた時、どのアーティストがどんな曲をどんなテーマでどんな時期にどんな形態で発表するかが事前に分かってしまいます。

でも、アーティストを売り出すための戦略上、情報を出すタイミングは制作サイドが決めています。

その情報を作家が勝手に公開してしまったらどうなるでしょう?

以前、私が懇意にしていただいていた方がいます。
その方はある有名なアーティストの制作サイドにいました。
ある時、私はそのアーティストのシングル表題曲候補の作詞を決め打ちでいただいていたのです。でも、途中から連絡がなくなってしまいました。
実は、その方のお知り合いが情報を漏らしてしまい、責任を取ってその方が辞められていたのでした。

大きな仕事を手に入れた時に、思わず周りに話してしまいたくなることがあるかもしれません。

でも、私たちの周りでは「家族にこそ秘密にしないといけない」と言われています。家族や友人は、あなたを応援するためにニュースを広げてくれているかもしれません。

ですが、守秘義務を守れなかったとき、待っているのは破滅です。
気をつけてくださいね!

もっと色々知りたい! という方はお問い合わせくださいね。
(直接はお答え出来ませんが、参考にさせていただきblogなどでお答えします)