消しゴムを捨てろ!

オトメシ!
〜音楽で美味しいご飯が食べたいあなたのための情報サイト〜

にようこそ!

こんにちは、作詞家のMikeyです。
私が作詞を教えるときに、まず最初に言うことがあります。

「消しゴムは使わないでください」

です。消しゴムを捨てろ、とは流石に言いませんが(笑)

では、なぜ消しゴムを使ってはいけないのでしょうか?

それは、あなたの言葉は大切なあなたの宝物だからです。
歌詞を書くとき、一度に完璧な作品を書くことは出来ません。何度も何度も推敲を重ねます。単語を入れ替え、前後を入れ替え、ノートはそのうち真っ黒になってしまうでしょう。

今までのあなたは、別の言葉を入れるときに消しゴムで消して上書きしていたかもしれません。ですが、出来上がった歌詞を一晩寝かせてもう一度見直したとき、直したところがやっぱりしっくりこない、ということはよくあります。そんなにないよと言う人は、まだ作品数が少ないのでしょう。

最初の言葉の方が良かった、ということは本当によくある話で、そのときに最初の言葉を消してしまっていたら、覚えて入ればいいですが忘れている場合(これもいくつも歌詞を書いているとよくあります)、思い出すために無駄な時間を費やしてしまいます。

また、たくさん言葉を書き直すことでボキャブラリーが増えていきます。
あなたの真っ黒になったノートは宝物です。真っ黒になったら新しいページに清書すればいいのです。
消しゴムは使わずに、是非たくさんの言葉を書き重ねてください。

もっと色々知りたい! という方はお問い合わせくださいね。
(直接はお答え出来ませんが、参考にさせていただきblogなどでお答えします)